【ウマ娘】チョコボンのエプロン下の宝石の位置がきわどいことに今気づいた ライスエロだな…

チョコボンのエプロン下の宝石の位置がきわどいことに今気づいた ライスエロだな…

ライス先生

1: 一般トレーナー@うますたぐらむ
彼女の思考には『ドスケベ』が詰まっています

2: 一般トレーナー@うますたぐらむ
エプロン下の宝石の位置がきわどいことに今気づいた
ライスエロだな…

3: 一般トレーナー@うますたぐらむ
下の宝石ってそういう…

4: 一般トレーナー@うますたぐらむ
ライスならそういう意匠を組み込みそうではあるが…
でもこれってそういうあれですよね

5: 一般トレーナー@うますたぐらむ
さすが可愛さの裏に潜むスケベに定評のあるライスだ

6: 一般トレーナー@うますたぐらむ
可愛いは可愛いでもブルボンさんに似合う可愛いだから…

7: 一般トレーナー@うますたぐらむ
ブルボンがデザインした勝負服だってえろだし…

8: 一般トレーナー@うますたぐらむ
ブルボンさんに宿った新たな生命をイメージしてみたよ…

9: 一般トレーナー@うますたぐらむ
しかもピンクに発光させてる…
言い逃れはできない

10: 一般トレーナー@うますたぐらむ
ノーマルの勝負服の方もピンクに光ってるからブルボンさんの頭がピンクなだけでライス悪くないよ…

11: 一般トレーナー@うますたぐらむ
これライスがブルボンのことどういう目で見てるか分かっちゃうね

12: 一般トレーナー@うますたぐらむ
ライス先生はさぁ…

13: 一般トレーナー@うますたぐらむ
>>12
本当にありがとう…

14: 一般トレーナー@うますたぐらむ
先生ドスケベボディがブルボンらしさだと思ってない?

15: 一般トレーナー@うますたぐらむ
でもマスターさんもそう思うよね…?

16: 一般トレーナー@うますたぐらむ
ライスもお兄さまに染められたから…

17: 一般トレーナー@うますたぐらむ
本人の勝負服2着を見てもライスがスケベなのは明らか

18: 一般トレーナー@うますたぐらむ
なんか清純派みたいな面してるけどむっつりだよなライス…

19: 一般トレーナー@うますたぐらむ
ライスに水着デザインもお願いしたい

20: 一般トレーナー@うますたぐらむ
勝ったら首筋にかぷっする女だからな…

21: 一般トレーナー@うますたぐらむ
ホルスターを見たらそこに入る拳銃の形が想像できるように
あえてお肌を出さないことでその下に詰め込まれたスタイルの良さが想像できるようにしてみたよ
どうかなお兄さま…

22: 一般トレーナー@うますたぐらむ
でも固有の演出はそうはならんやろ

23: 一般トレーナー@うますたぐらむ
ブルボンの勝負服といえばボンヤリ光る素材も特徴
それを宝石としてエプロンの下部に付ける

24: 一般トレーナー@うますたぐらむ
エプロンの宝石光るのは駄目でしょ…

25: 一般トレーナー@うますたぐらむ
「耳が大きいウマ娘はスケベ」という噂はどうやら真実だったみたいだ

管理人:Icy

ブルボンも耳が結構大きいという事実

新着記事

ピックアップ記事

コラム

12話まで見切ったアニメ作品をただただ紹介するコラム

この作品が面白かったからお勧めしたい!みたいに差し出がましい感じにはしたくないのでそんな作品あるんだ~くらいの流し見で読んでいただけると幸いです!

※ネタバレを含みます

灰と幻想のグリムガル

凝った設定長いタイトルで差別化を図る最近の異世界転生モノに飽き飽きしてる人に見てほしい

内容は本当にシンプルで王道の異世界転生モノだが、超がつくほどリアリティのある過酷な世界観で主人公達は異世界で生き抜くことの厳しさに直面する。

この手の作品によくある“主人公がゲームシステムに文句を言うメタ的発言”みたいなおふざけ要素が無いので、本当の意味でRPGの世界に入ってしまったような没入感がある。

なんとこの作品、最弱の敵”ゴブリン”を倒すのに6話かかります。しかもその道中で仲間が死にます。

アニメは1期のみでラノベ小説が原作になります(まだ連載中)。アニメが2016年なので2期はもう無いでしょう。”このすば”と同じクールだったのに埋もれちゃったのがとても残念です

U-NEXTDアニメストアで現在は配信中です。昔ネトフリで見た記憶がありますが今は無いみたいですね

平穏世代の章駄天達

タイトルのポップなフォントや色合いゆるめの絵柄からは想像し得ないようなしっかりした性的描写が多くて驚いた

1話を見て面白そうだからといって知り合いに勧めると気まずくなるやつで色々と攻めた表現が多いです

韋駄天(一応人間サイド)と魔族が世界を懸けて戦うのだが、パワーバランスは圧倒的に韋駄天陣営の方が強く、武力では叶わない魔族が知恵を絞って策を練り韋駄天に対抗するという知的な駆け引きとそれを超越しねじ伏せる韋駄天の戦闘シーン、とどちらの陣営にも魅力があります。

身体能力は低いが人一倍観察力の鋭い魔族の”ミク”が結局最後まで韋駄天側と張り合っていたのが個人的には好きだった

また韋駄天側は声優陣もバチバチの大御所で固めてきているのでその点含めて韋駄天サイドの強さは揺るぎなかった

Prime Videoで現在配信中です

最終更新.5月12日 3ヶ月に一回は更新したい

ウマ娘まとめランキング人気記事