【ウマ娘】アストンマーチャン、カレンチャンと「チャン族」が揃ってきたけど他に〇〇チャンっているのかな?

【ウマ娘】アストンマーチャン、カレンチャンと「チャン族」が揃ってきたけど他に〇〇チャンっているのかな?

アストンマーチャンとカレンチャンの関係

うますたぐらむの一般トレーナー
チャン族も揃ってきたな…

うますたぐらむの一般トレーナー
初めて聞いたそのくくり

うますたぐらむの一般トレーナー
口元が似てる

うますたぐらむの一般トレーナー
なんとなくぶりっ子系なのはわかる!

うますたぐらむの一般トレーナー
スプリンターだから実際シナリオで絡むかもね

うますたぐらむの一般トレーナー
他にいたかな…

うますたぐらむの一般トレーナー
>他にいたかな…
「チャンス」「チャンプ」「チャンピオン」から始まる馬名は割とあるっぽい
netkeibaって検索が文頭一致システムなんですかね…

うますたぐらむの一般トレーナー
戸佐により、イギリス製の自動車ブランドである「アストンマーティン」に戸佐の学生時代の愛称「マーちゃん」を掛け合わせて「アストンマーチャン」という競走馬名が与えられた。

うますたぐらむの一般トレーナー
愛称由来だから確かにカレンチャン系の名前なのか…

うますたぐらむの一般トレーナー
なんかしっくりくる画像の並びではある

うますたぐらむの一般トレーナー
他だとユキチャンとアスカクリチャンは浮かんだ

うますたぐらむの一般トレーナー
カレンチャンが自撮りしてるのに執拗に映り込もうとするアストンマーチャン?

うますたぐらむの一般トレーナー
>カレンチャンが自撮りしてるのに執拗に映り込もうとするアストンマーチャン?
察して隅の方に写り込むよう画角を調整するカレンチャン?

うますたぐらむの一般トレーナー
チャン族は魔性系になるんだろうか

うますたぐらむの一般トレーナー
アストンマーチャンの馬主がジャジャマーチャンビックリマーチャンザマーチャンアラマーチャンバーグチャンのチャンシリーズを持ってる

うますたぐらむの一般トレーナー
待ってくれないかチャンの洪水をワッと浴びせてくるのは

うますたぐらむの一般トレーナー
ちゃん族の方がしっくりくる
ウマにはなってないけどサヤカチャンとか居たよね

うますたぐらむの一般トレーナー
カレンチャンて名前の由来なんなの…?

うますたぐらむの一般トレーナー
>カレンチャンて名前の由来なんなの…?
馬主の娘
アストンマーチャンは馬主の学生時代の愛称がマーちゃん

うますたぐらむの一般トレーナー
モズカッチャンも入ってもらおう

うますたぐらむの一般トレーナー
たしかアンズチャンもいたよね

うますたぐらむの一般トレーナー
カレンチャンとこは冠名カレンだからな
どんだけ娘好きなんだ

うますたぐらむの一般トレーナー
ちなみにカレンチャンは有望な牝馬に名付けるべく馬主さんがあたためてた馬名だから
カレン一族の中でもカレンちゃんオブカレンちゃでカレンチャンである

うますたぐらむの一般トレーナー
次はラブミーチャンかな…

管理人:Icy

マーチャンはカレンチャン以上の魔性系でお願いしたい

新着記事

ピックアップ記事

コラム

12話まで見切ったアニメ作品をただただ紹介するコラム

この作品が面白かったからお勧めしたい!みたいに差し出がましい感じにはしたくないのでそんな作品あるんだ~くらいの流し見で読んでいただけると幸いです!

※ネタバレを含みます

灰と幻想のグリムガル

凝った設定長いタイトルで差別化を図る最近の異世界転生モノに飽き飽きしてる人に見てほしい

内容は本当にシンプルで王道の異世界転生モノだが、超がつくほどリアリティのある過酷な世界観で主人公達は異世界で生き抜くことの厳しさに直面する。

この手の作品によくある“主人公がゲームシステムに文句を言うメタ的発言”みたいなおふざけ要素が無いので、本当の意味でRPGの世界に入ってしまったような没入感がある。

なんとこの作品、最弱の敵”ゴブリン”を倒すのに6話かかります。しかもその道中で仲間が死にます。

アニメは1期のみでラノベ小説が原作になります(まだ連載中)。アニメが2016年なので2期はもう無いでしょう。”このすば”と同じクールだったのに埋もれちゃったのがとても残念です

U-NEXTDアニメストアで現在は配信中です。昔ネトフリで見た記憶がありますが今は無いみたいですね

平穏世代の章駄天達

タイトルのポップなフォントや色合いゆるめの絵柄からは想像し得ないようなしっかりした性的描写が多くて驚いた

1話を見て面白そうだからといって知り合いに勧めると気まずくなるやつで色々と攻めた表現が多いです

韋駄天(一応人間サイド)と魔族が世界を懸けて戦うのだが、パワーバランスは圧倒的に韋駄天陣営の方が強く、武力では叶わない魔族が知恵を絞って策を練り韋駄天に対抗するという知的な駆け引きとそれを超越しねじ伏せる韋駄天の戦闘シーン、とどちらの陣営にも魅力があります。

身体能力は低いが人一倍観察力の鋭い魔族の”ミク”が結局最後まで韋駄天側と張り合っていたのが個人的には好きだった

また韋駄天側は声優陣もバチバチの大御所で固めてきているのでその点含めて韋駄天サイドの強さは揺るぎなかった

Prime Videoで現在配信中です

最終更新.5月12日 3ヶ月に一回は更新したい

ウマ娘まとめランキング人気記事