【ウマ娘】未だに無くなったのが残念なバグ

【ウマ娘】未だに無くなったのが残念なバグ

喜怒哀楽の激しいブルボン

1: 一般トレーナー@うますたぐらむ
感情ありすぎるぞ

2: 一般トレーナー@うますたぐらむ
よっぽど嬉しかったんだな…

3: 一般トレーナー@うますたぐらむ
最後またキリッとしてるのがマスターの視線に気付いた感ある

未だに無くなったのが残念なバグ

5: 一般トレーナー@うますたぐらむ
エミュレーションは得意です

6: 一般トレーナー@うますたぐらむ
このでけえ幼女が…

7: 一般トレーナー@うますたぐらむ
普段より大人っぽく見える

8: 一般トレーナー@うますたぐらむ
かわいい

9: 一般トレーナー@うますたぐらむ
動画でこのバグ見るの初めてだけど前のポーズのまま表情だけ変わるのも色々活用できそうだな

10: 一般トレーナー@うますたぐらむ
ライブで尊厳破壊できるくらいなんだから他キャラのモーションくらいさせてくれてもいいじゃん…

11: 一般トレーナー@うますたぐらむ
😄ハナマルです!

🤔

12: 一般トレーナー@うますたぐらむ
本当はいけねぇ事だけど…予期しない挙動だけど…
このモード残してほしかった

13: 一般トレーナー@うますたぐらむ
このバグの良いところは目を逸らすのが逆に「キャラと違う所見られた…」感出す所だな

14: 一般トレーナー@うますたぐらむ
たまたまサイゲの開発がキャラクターモデルデータ専用のモーションを個々に設定するのではなく
キャラクターモデルとモーションにおける共通ルールを設定して
モデルと衣服のポリゴン同士のコリジョンが自動的に処理されるようなメソッドでCGモデルを構築していたから破綻しなかっただけで
普通に○○のキャラクターモデルのモーションは☓☓を使うって設定をしていたら
コリジョン衝突で明後日の方向にぶっ飛ぶかキャラクターモデルがHAVOK神の怒りに触れてスパゲッティ化するぞ

15: 一般トレーナー@うますたぐらむ
そうならずに済んだのすごいしある意味ちょっと面白いネタ程度で済んで良かったな…

16: 一般トレーナー@うますたぐらむ
スレ画は勝利モーションで延々続いてるから破綻してないけど
勝利→敗北→勝利ってなるとモーションが破綻して手があらぬ方向に曲がったりした記憶があるな

17: 一般トレーナー@うますたぐらむ
あくまでこれチムレでのみ再現できるバグだから
G1勝利モーションを他人でやってんのはバグじゃなくて多分ぶっこぬきだよ

18: 一般トレーナー@うますたぐらむ
これは意図しないバグだったから仕方なかったけど
意図的に変えてるのはNG

19: 一般トレーナー@うますたぐらむ
大抵のキャラで破綻しないのは凄かったけどそれでも女帝が1着のポーズして腕ぐちゃぐちゃになってたりしたからまあ駄目よされるよね…

20: 一般トレーナー@うますたぐらむ
これ確かやりすぎるとぶっ壊れることも多かったはず
2回目なら大抵成立するけど5回目とかは

21: 一般トレーナー@うますたぐらむ
最後に風が下から吹き上げるせいで
たくさんのウマ娘のスカートの中が暴かれたバグ

管理人:Icy

↑とてもありがたいバグでした

新着記事

ピックアップ記事

コラム

12話まで見切ったアニメ作品をただただ紹介するコラム

この作品が面白かったからお勧めしたい!みたいに差し出がましい感じにはしたくないのでそんな作品あるんだ~くらいの流し見で読んでいただけると幸いです!

※ネタバレを含みます

灰と幻想のグリムガル

凝った設定長いタイトルで差別化を図る最近の異世界転生モノに飽き飽きしてる人に見てほしい

内容は本当にシンプルで王道の異世界転生モノだが、超がつくほどリアリティのある過酷な世界観で主人公達は異世界で生き抜くことの厳しさに直面する。

この手の作品によくある“主人公がゲームシステムに文句を言うメタ的発言”みたいなおふざけ要素が無いので、本当の意味でRPGの世界に入ってしまったような没入感がある。

なんとこの作品、最弱の敵”ゴブリン”を倒すのに6話かかります。しかもその道中で仲間が死にます。

アニメは1期のみでラノベ小説が原作になります(まだ連載中)。アニメが2016年なので2期はもう無いでしょう。”このすば”と同じクールだったのに埋もれちゃったのがとても残念です

U-NEXTDアニメストアで現在は配信中です。昔ネトフリで見た記憶がありますが今は無いみたいですね

平穏世代の章駄天達

タイトルのポップなフォントや色合いゆるめの絵柄からは想像し得ないようなしっかりした性的描写が多くて驚いた

1話を見て面白そうだからといって知り合いに勧めると気まずくなるやつで色々と攻めた表現が多いです

韋駄天(一応人間サイド)と魔族が世界を懸けて戦うのだが、パワーバランスは圧倒的に韋駄天陣営の方が強く、武力では叶わない魔族が知恵を絞って策を練り韋駄天に対抗するという知的な駆け引きとそれを超越しねじ伏せる韋駄天の戦闘シーン、とどちらの陣営にも魅力があります。

身体能力は低いが人一倍観察力の鋭い魔族の”ミク”が結局最後まで韋駄天側と張り合っていたのが個人的には好きだった

また韋駄天側は声優陣もバチバチの大御所で固めてきているのでその点含めて韋駄天サイドの強さは揺るぎなかった

Prime Videoで現在配信中です

最終更新.5月12日 3ヶ月に一回は更新したい

ウマ娘まとめランキング人気記事

こちらの記事も読まれています