【ウマ娘】アオハル初戦の差し追込連中が本当にあてにならない

【ウマ娘】アオハル初戦の差し追込連中が本当にあてにならない

アオハル初戦

1: 一般トレーナー@うますたぐらむ
アオハル所詮って味方が頼りにならないよね

2: 一般トレーナー@うますたぐらむ
>>1
お前も負けてるだろ!

3: 一般トレーナー@うますたぐらむ
気づいてダメだった

4: 一般トレーナー@うますたぐらむ
ダートがほぼ負けかドローになる

5: 一般トレーナー@うますたぐらむ
差し追込連中が本当にあてにならない

6: 一般トレーナー@うますたぐらむ
1人だけ抜けて強かったらエースにして
味方2人をわざと距離適正外の追込にするとかなり勝ちやすくなる
殆どの人が面倒過ぎてチャンミ育成くらいでしかやらないだろうが

7: 一般トレーナー@うますたぐらむ
DRAW
LOSE
DRAW
DRAW
WIN
が今まで見た最多

8: 一般トレーナー@うますたぐらむ
まったく不甲斐ないですわよ皆さん

9: 一般トレーナー@うますたぐらむ
>>8
お前も負けてるだろ!

10: 一般トレーナー@うますたぐらむ
しょっちゅうタイキとウララあたりがドローか負ける

11: 一般トレーナー@うますたぐらむ
ゴルシはなんかやたら強い

12: 一般トレーナー@うますたぐらむ
イベント周回だと思うけどアオハルめんどくさくない?

13: 一般トレーナー@うますたぐらむ
五戦目ドローとか起こり得るのだろうか

14: 一般トレーナー@うますたぐらむ
>>13
ラストもあるしシナリオも用意されてる

15: 一般トレーナー@うますたぐらむ
>>14
用意されてるだけで見られるとは到底思えないんだけど…

16: 一般トレーナー@うますたぐらむ
ドロー!?ワンダホー!はよく聴く

17: 一般トレーナー@うますたぐらむ
2戦目以降でdrawになってアオハルストーリー埋めたい
なかなかならない…

18: 一般トレーナー@うますたぐらむ
一回めか二回めは育成次第では真ん中にするなあ

19: 一般トレーナー@うますたぐらむ
どこかで落としたり引き分けたりすると因子周回の時は渋々続けるけど案外最後勝つな…ってなる

20: 一般トレーナー@うますたぐらむ
追加メンバーでダート三銃士の誰かが来たら上選ぶ
イナリだと迷う

21: 一般トレーナー@うますたぐらむ
アオハル初戦前のダート枠確定のお助けキャラにダートBのイナリが混じるようになったのがノイズすぎる…

22: 一般トレーナー@うますたぐらむ
最終戦なんて全部◎でも全敗するの珍しくないしな…

23: 一般トレーナー@うますたぐらむ
所詮と最終戦以外は結構×でもなんとかなる

24: 一般トレーナー@うますたぐらむ
1戦目の×はまぁ負けるけど二戦目以降は×でも勝つ

25: 一般トレーナー@うますたぐらむ
5戦目のドローの文章作った人の感想を聞きたい
ファミコン時代の解析系メッセージより見れないぞこれ

管理人:Icy

5戦目ドローのシナリオ見たことないな… 初期キャラのシナリオ見直すとかあってもアオハル引き分けからスキップ止めていちいちイベント見るのは面倒だね…

新着記事

ピックアップ記事

コラム

12話まで見切ったアニメ作品をただただ紹介するコラム

この作品が面白かったからお勧めしたい!みたいに差し出がましい感じにはしたくないのでそんな作品あるんだ~くらいの流し見で読んでいただけると幸いです!

※ネタバレを含みます

灰と幻想のグリムガル

凝った設定長いタイトルで差別化を図る最近の異世界転生モノに飽き飽きしてる人に見てほしい

内容は本当にシンプルで王道の異世界転生モノだが、超がつくほどリアリティのある過酷な世界観で主人公達は異世界で生き抜くことの厳しさに直面する。

この手の作品によくある“主人公がゲームシステムに文句を言うメタ的発言”みたいなおふざけ要素が無いので、本当の意味でRPGの世界に入ってしまったような没入感がある。

なんとこの作品、最弱の敵”ゴブリン”を倒すのに6話かかります。しかもその道中で仲間が死にます。

アニメは1期のみでラノベ小説が原作になります(まだ連載中)。アニメが2016年なので2期はもう無いでしょう。”このすば”と同じクールだったのに埋もれちゃったのがとても残念です

U-NEXTDアニメストアで現在は配信中です。昔ネトフリで見た記憶がありますが今は無いみたいですね

平穏世代の章駄天達

タイトルのポップなフォントや色合いゆるめの絵柄からは想像し得ないようなしっかりした性的描写が多くて驚いた

1話を見て面白そうだからといって知り合いに勧めると気まずくなるやつで色々と攻めた表現が多いです

韋駄天(一応人間サイド)と魔族が世界を懸けて戦うのだが、パワーバランスは圧倒的に韋駄天陣営の方が強く、武力では叶わない魔族が知恵を絞って策を練り韋駄天に対抗するという知的な駆け引きとそれを超越しねじ伏せる韋駄天の戦闘シーン、とどちらの陣営にも魅力があります。

身体能力は低いが人一倍観察力の鋭い魔族の”ミク”が結局最後まで韋駄天側と張り合っていたのが個人的には好きだった

また韋駄天側は声優陣もバチバチの大御所で固めてきているのでその点含めて韋駄天サイドの強さは揺るぎなかった

Prime Videoで現在配信中です

最終更新.5月12日 3ヶ月に一回は更新したい

ウマ娘まとめランキング人気記事

こちらの記事も読まれています